日給制のメリットとデメリット〜両方を知ることが大切
日給制のメリットとデメリット〜両方を知ることが大切

日給制のメリットとデメリット〜両方を知ることが大切

PAGETITLE
日給制とは、賃金が日単位で定められている給与形態のことです。賃金が時間単位で決められている時給制、あるいは月単位で決められている月給制と同じように理解するとわかりやすいです。日給制のメリットのひとつとしては、日給として決められている額に、自分が働いた日数をかければ総賃金が計算できる、そのわかりやすさが挙げられます。

また自分が頑張って、より多くの日数働けば、それだけ支払われる賃金が多くなると言うのも日給制のメリットです。アルバイトやパートと言った、ある程度、労働日数に融通をきかせることができる雇用形態の場合、今月はたくさん働いて給料を多くしようと言う具合に調整することも可能です。ただし、働く日数が少なくなれば、当然、支払われる賃金も少なくなるのが日給制のデメリットです。自分の都合で、意図的に働く日数を少なくしている場合などは構いませんが、たとえば事業所の都合や、他の社員との兼ね合いで働く日数が減らされると言う場合、人によっては納得できない思いを抱く人もいるかもしれません。

またあくまでも1日単位で賃金が定められているため、実際の労働時間に見合わない賃金である可能性も含んでいるのも、日給制のデメリットです。こうしたデメリットを解消するためには、日給が支払われる条件として定められている最低労働時間は何時間なのか、あるいは何時間労働を超えたら、日給にプラスして残業代が支払われるのかと言ったことを、事前に確認しておく必要があります。また求人情報において参考月給が記載されていると、月にどれくらいの日数、働くことができるのか目安として知ることもできます。